協力し合いながら働く職業

検事の仕事はかなり広範囲に及び、仕事量もその複雑さも相当なものがあります。それぞれの事件に関係する警察から上がってくる捜査資料はかなりのボリュームですし、検察庁で作成する供述調書を始めとする書類もかなりあります。他にも、取り調べや関係者との連絡、刑罰の執行などの仕事があり、毎日休む間もないほどのハードワークとなることも珍しくありません。

こうした検事の仕事を支えているのが「検察事務官」と呼ばれる人たちです。この職業は、検事のあらゆる面でのサポートをする役割を果たします。異なる部署に分かれていて、それぞれの部署で行うことは違うのですが、供述調書の作成や取り調べへの立ち合い、資料の確認作業や裁判所へ提出する資料の作成などを行います。また、警察を始めとする関係各所との連絡係を務めることもあります。検察事務官なしでは検事はスムーズに仕事ができませんので、かなり重要な働きをしています。

検察事務官と同じくらい密接に働くのが警察官です。警察との連携も検事にとっては大事な業務です。警察官との関わりは非常に深く、それぞれの事件について捜査資料の提供を受けたり、細かな点における確認作業を行ったりします。また、裁判においては警察官が証人として出ることもありますので、裁判のための打ち合わせをすることも多々あります。

裁判で検事と関係する職業

検察事務官や警察官は、検事と共になって刑事裁判を進めていくいわば仲間のようなものです。一方で、検事が相対するのが弁護士です。検察官は被疑者の罪を確証するために裁判を進めますが、弁護士はその逆で被疑者の利益となるように働きます。そのため、お互いに有利になるように証拠を集め提出します。その上で、検事は被疑者の罪を証拠立てるための陳述を行ったり、弁護士が提出した証拠や陳述への反対意見を述べたりします。

こうした検事と弁護士が提出する証拠を見て最終的に判断を下すのが裁判官ということになります。裁判官の心証がどのように動くのかというのも、裁判においてはとても大事な要素となりますので、常に検事は裁判官のことを意識しながら処理を進めていくことになります。現在では裁判官ではなく、一般人が裁判員として判決を下すことも多くなっていますので、検事としてはこうした人たちとの関わりも大事なものとなっています。もちろん、裁判官や裁判員とは裁判所だけの関わりということになりますが、検事の仕事を語る上で欠かせない関係性を持っています。