検事の1日の過ごし方 検察庁と裁判所での仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検察庁内での仕事と裁判所での裁判がほとんど

検事には刑事事件全般を指揮する権限が与えられていて、事件の捜査をすることもあります。しかし、実際に事件現場に行って調査をしたり、証拠を持つ関係者のところに行って聞き取りを行うということはほとんどありません。警察がこうした捜査を行い、上がってきた証拠を書類上でチェックして、不明な点があれば警察などに確認するというのが通常のやり方です。また、被疑者の取り調べも基本的に検察庁で行うことが多いので、検事の仕事の多くは検察庁内でなされることになります。

事件が裁判となり、実際に公判が開始されると裁判所での仕事が始まります。今までにまとめた資料などを持ち、裁判所で陳述を行うことになります。一つの事件にかかる時間としては、圧倒的に検察庁内での調査や取り調べなどが多く、裁判所での陳述というのは全体的に見ると少ないものとなります。

夜遅くまで働くことも多い検事の毎日

検事はあくまで公務員ですので、基本的にきちんとした就業時間が決まっていますし、土日は休みとなっています。しかし、実際のところ事件が立て込んでいたり、複雑な案件だったりすると、夜遅くまで仕事をしたり、休日もいろいろな処理をしないといけないこともあります。検察官はそれぞれに独立した権限が与えられていますので、各自で判断してどのように仕事をしていったらいいかを決めていくことができます。時間配分や仕事の仕方はそれぞれの検事によって異なるのです。

たとえば、朝8時に出勤して進行中の刑事事件の記録をチェックして、警察からの情報を確認するという仕事を行います。それを見ながら、捜査方針を決めていきます。この際、全体の流れをスムーズにするため、直属の上司の決済が必要となりますので、資料をまとめて上司の判断を仰ぐための時間を取ることになります。すぐに決済が出ないこともありますので、その都度記録を確認しながら、捜査方針を修正していきます。こうしてできあがった捜査方針を他の部署と共有していきます。

午後の時間には、被疑者の取り調べを検察庁内で行うこともあります。それぞれの事件によって取り調べの時間は異なりますが、何時間もかかるのが普通で、午後の時間をかなり使うこともあります。取り調べによって得られた供述を、供述調書にすることもその日のうちになされます。こうした処理をしていると、かなり遅くなり夜の時間となることも珍しくありません。こうして検事の一日が終わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法律事務所・法務部の求人を探すならキャリア弁護士

弁護士の就職・転職活動は、一般的な就職転職活動と違い、充実したサービスがほとんどなく、各自個別にアプローチしているのが現状です。そんな中で本当に自分に合っている事務所や企業を見つけるのは難しいと思います。

「キャリア弁護士」では、全国1,200件以上の事務所・企業をサイト内で検索でき、応募から面接・内定までをワンストップで完結することができます。興味がある事務所・企業に直接アプローチでき、逆にあなたに興味がある事務所・企業からはスカウトメッセージが届きます。


「キャリア弁護士」をチェック!